OHK杯 岡山県ミニバスケットボール選手権大会(男子編)

澄み切った快晴の秋空のもと始まった県の選手権大会

場所は六番川水の公園体育館

早めの会場入り アップにも力が入る

6年生にとっては最後の県の試合となる

緊張がはしる

三宅コーチ不在 代わりに平松監督がベンチに入ってくれた

今までの力を出し切ってね☆

いよいよスタート

「がんばれ~倉北!」

1Q2Qリード

「いいぞ!その調子 がんばれ~!」いつも以上に声援にも力が入る

いよいよ後半戦

「1本!そ~れ1本!1本!そ~れ1本!」仲間からの声援にも力が入る

「ナイスシュート!その調子!」

相手チームも全力で戦ってくる

逆転された

流れが変わる ~ いいところでタイムアウト さすが平松監督

接戦が続く

「落ち着いて」「落ち着いて」「足が止まってるよ!」

「ドンマイ」「ドンマイ」「攻め気」「攻め気」

「ナイスカバー」「ナイスファイト」

「ディフェンス ディフェンス 圧勝ディフェンス」応援合戦になる

流れを変えながら戦った一戦

結果 倉北53-高梁57 で負けた

みんなよくがんばったね

仲間そして保護者からの声援もすごかった

みんなが一丸となって戦った試合だった

特に6年生にとっては心に刻まれる試合となった

悔しかったよね

この気持ちをこれからの練習に そして中学高校につなげてね

バスケ人生はまだ終わってないよ

この仲間を応援し励ます気持ち きっと大人になっても生かされてくるにちがいない

バスケって本当にいいスポーツ☆

バスケ そして仲間に出会えてよかったね


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です